クリアしたくないゲーム!?リメイクで話題の名作GBソフト『ゼルダの伝説 夢を見る島』とは

コラム




先日のニンテンドーダイレクトのトリをかざり、話題となっているのがゲームボーイソフト『ゼルダの伝説 夢を見る島』のスイッチ版リメイクの発表です。僕も小さいころ何度もプレイしていたのでご紹介したいと思います。

『ゼルダの伝説 夢を見る島』とは?
1993年にゲームボーイソフトとして発売されたゼルダの伝説シリーズの4作品目。音楽とストーリーが高い評価であり、今もなお多くのファンがいる作品です。クリボーやカービィなど任天堂キャラのゲスト出演も不思議な演出。26年前に制作されたゲームのためシンプルなストーリーですが、決して古臭くありません。そして、島に隠された大きな秘密とは。
また、ゲームボーイカラーが発売した際、投票形式でカラー対応でリメイクする作品を決めることとなり、1位となったのが『夢を見る島』です。当時からの高い人気がうかがえます。

当時のCMはこちら。

昔のCM特有の「ゲーム画面が一切出ない」感じが懐かしい!

さらに楽しむためには
時系列で『神々のトライフォース』の後となり、ある要素の関連もあるのでこちらをプレイしておくとさらに楽しむことが出来ます。
new3DS、wiiUのバーチャルコンソール、クラシックミニスーパーファミコンで遊ぶことが来ます。

『ブレスオブザワイルド』でオープンワールドの新しい在り方を示したゼルダの伝説シリーズ。次回作『夢を見る島』でも大きなムーブメントを起こしそうですね。待ちきれない方はGB版を遊び、リメイク版との違いを楽しんでみてください!

コメント